たわごとのあわたけはてな2

粟岳高弘のはてなブログです

電脳コイル#24

もしかして今週の一話分は、全て昏睡状態のヤサコがあっち側で見ていた偽の日常だったりして…と前半まで観てて思っていたのだけど、最後に新キャラがでてきてるしその可能性はなさそうだな。



電車に乗る=電脳空間から抜ける→大黒市などというものは最初から存在しなかった…
ぐらいやってくれると最高なのですが。



今頃になって新キャラ、しかもかなり重要な存在が。
物語全体がヤサコ視点を中心に(時々玉子や猫目やイサコになっていたが)進行しているにも関わらず、終盤になるまで肝心のヤサコ自身の金沢時代の過去が明かされないというのは、謎解きの展開としては面白いけどちょっとずるくもあったり。(推理モノで「犯人は実は主人公自身だったのです」とかやられるのに近いというか)

マユミとヤサコの関係でいよいよ全体の謎が明かされるのか。ヤサコは金沢時代からも電脳空間のもろもろについて知っていた→それにまつわる事でマユミとトラブったのだとすると、一話で見せていた大黒市のいろいろな電脳物件に対するリアクションは、演技だったという可能性も出てくると思われるのだが。やはり腹黒だな(笑)

あと2話。ヤサコ、イサコ、ハラケン、玉子、猫目以外のキャラはこのまま背景化かな。